ササノコウ

酔いどれ酒匂ささの呟き 時々 活動記録
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 魂の形 | main | リュウの子駆けてった空は青く >>
# 春めいて、まだ見ぬ竜に思いを馳せる。

先日参加をお知らせしました「リュウの行商人」展。

とある行商人の店に並ぶ「竜にまつわる品々」と、
「その品にまつわる話」を作家がペアを組んで創作するという企画展です。

私は「竜の語り手」として文章を書くのですが、
コラボをすることになる「竜の証」の作家さんが先日発表になりました。
是非「リュウの行商人」のサイトからアーティストのページをご覧になって下さい。

私のペアはplaさん【http://planetarium21.tumblr.com/】です。
都市を描かれる作家さんなのですが、1枚の絵という限られた空間の中にとてつもない奥行と広さを感じさせる作品です。
それでいて、圧倒的な密度の世界観。
自分も作品を見つめているうちに都市の中へ迷い込んで、道を歩いて、気がついたらそこに住んでいそうな。
本当に作品自体が「都市」の本質そのもののだなあと引き込まれてしまいました。

そんな方と、どんな世界にどんな竜を見ることができるのか。
制作に入るのが今からとても楽しみで、珍しく春らしい浮き立つような気持ちを味わっています。
勿論その浮かれた気持ちの下で、ぐるぐるとプレッシャーやら不安やらが渦巻いているのはいつものことですね。

折角なので、春に浮かれて夏まで枝葉を広げたいと思います。
雨が降っても好都合、ネガティブはしばし土の下。

| comments(0) | trackbacks(0) | 13:20 | category: リュウを語る |
# スポンサーサイト
| - | - | 13:20 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sakenoka13.jugem.jp/trackback/367
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links