ササノコウ

酔いどれ酒匂ささの呟き 時々 活動記録
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 2012/03/22ぶつぶつ言ってた。 | main | 2012/03/23ぶつぶつ言ってた。 >>
# 週刊ササノコウ 第6回「聞き耳」

 

 今週のササノコウは「好きなもの」の話を書こう。

 思い立った私の背後で、そのご婦人はおもむろに携帯電話を取り出した。

 先日、ちょっとした手続に訪れた区役所でのことである。待合いソファーに座って、私は大人しく自分の順番を待っていた。


 大人しく、と修飾すれば聞こえはいい。実際、私が大人しかった。ただ、私は激しい眠気と戦っていたのだ。ゆるゆると落ちてくる瞼を、最後の力を振り絞って閉じまいとする。駄目だ。目を閉じちゃいけない。ギリギリのところで私は頑張っていた。決して目は閉じなかった。


 ――結果、半目である。半目で、その上意識もあらかた飛んでいる。もしあの時の私に俯瞰カメラがついていたなら、動画のタイトルは「夕方の区役所で瞑想してみた」でどうだろう。


 さて、公共空間で阿呆面を晒していた私であるが、脳内では比較的真っ当な考え事をしていた。間近に迫った金曜日、果たして今週のササノコウは何を書いたものか。ネタ探しである。今週あったこと、友人知人の阿呆話、見た夢、読んだ本等々。考えてはみるものの、今週は少々インパクトに欠けた。じゃあ、ブログやエッセイでよく見るテーマ。趣味とか、好きなものとか。よし、じゃあ今週は「好きなもの」の話をしよう。そんな時である。背後から、この一言。


「もしもし?」


 私の意識が瞬時に覚醒した。お電話である。背後にいる、声からすると六十は過ぎているであろうご婦人がおもむろにお電話をかけ始めたのだ。


 自慢ではないが、他人の会話をこっそり聞くのが好きだ。実益を兼ねた趣味とも言えるだろう。そんなキキミミラー、キキミミストたちは日々この町に紛れ、何食わぬ顔で聞き耳を立ててはネタという名の獲物を探している。一方、狙われているとも知らずにご婦人は会話を始めた。


「私、親しくさせて頂いている山田花子さん(仮)からそちらのお話を伺いまして、お電話した者ですけれども。今、お時間よろしいですか。ええ、実は私の親なんですけれども、もう高齢でして、そろそろ最後のね、場所を探しておりまして」


 「最後の場所」というワードにどっきりしたものの、聞けばご婦人は高齢の親の為の介護付老人ホームをお探しのようだ。終の住処というやつか。電話の向こうのホームのスタッフに簡単に状況を説明したあと、ご婦人はホームの見学を申し込んだ。ご都合のよろしいときにとでも相手は言ったのだろう。あまり早いお時間はご迷惑よねと言いつつ、どうやら明日の午前中に話がまとまった。では場所の確認をとなる。今のところ特にネタポイントはない。


「それで、場所はどの辺りになるのかしら。え? ○○? いえ、住所を仰って頂ければ最寄りの駅からタクシーの運転手さんにお願いしますから。ええ、○○から。私は××に住んでおりますの。はい、メモします。○○の、○丁目、○の、○ね」


 ふむ、外れたか。キキミミストは思った。これはネタにはならない類いの会話だ。まあそもそも人はキキミミストに聞かせる為に会話をする訳でもないし、第一聞き耳を立てた会話すべてがネタになるようなら、世の中もう少し明るいだろう。


 ご婦人の電話も、そろそろ終わりそうである。相手がお決まりの「他にご不明な点はございますか」を使ったらしい。ご婦人は少し考えて、言った。


「何か、近くにマーカーってあるかしら」


 ……マーカー? 私と、恐らく電話の向こうの誰かが沈黙する。マーカーって、何だ。咄嗟に頭に浮かんだのは黒くて、太字と細字に対応した油性のあれ。しかしご婦人は何故伝わらないのか分からないのだろう。じれったそうにマーカーよマーカーと繰り返す。


「ほら、有名な建物とか、ビルとか目印になる建物あるでしょ?」


 キキミミストのマナーとして、決してリアクションはしなかった。長年キキミミストをしてきた者のプライドをかけて、私は無表情を貫き、心の中でそっと考えるにとどめる。マーカー、即ち目印。そうだ、ご婦人は正しいのだ。ただ、私も電話の向こうの相手も、咄嗟に「目印を付けるペン」を連想してしまっただけで。


 はい、マーカー。そうそう、こうやってキュキュッとね、しっかり太字の黒で道路に目印を書いて、って違うわ!


 これだから、やめられない。私の好きなものの話である。 
| comments(2) | trackbacks(0) | 19:14 | category: 文字群 |
# スポンサーサイト
| - | - | 19:14 | category: - |
コメント
「人の電話」

私は結構嫌いなんです。急に声が大きくなったりするじゃないですか。器の小さい人間ですので、イラッといてしまうんです。

それをキキミミストとしてネタをさがす材料として見ているなんて今まで全く意識したことが無かったです。

吉野さんのストーリーを読んだのは初めてです。
| コウスケ | 2012/03/23 11:02 PM |

こんにちは、コウスケさん。

人の電話、私も聞ける場合と聞けない場合はありますね。
やっぱり聞いていて不快に思う話し方に当たる場合もあります。
それを修行と思って最後まで分析できるようになったら、
キキミミストのプロ認定でしょうか(笑)

ササノコウはとにかく毎週更新を目標にして頑張ってます。
時々かなりぐだぐだな記事になりますが……(苦笑)
よかったら、今後ともお付き合い頂ければ嬉しいです。

ではでは。
| 酒匂ささ | 2012/03/31 6:18 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sakenoka13.jugem.jp/trackback/257
トラックバック
Profile
Comments
Mobile
qrcode
Search this site
Sponsored Links